hairy(ヘアリー) | 髪のプロが教える髪の総合情報メディア

2018.8.30

【意外と知らない?】育毛剤には副作用があるの?症状や気をつける成分もご紹介!

この記事の監修者

【意外と知らない?】育毛剤には副作用があるの?症状や気をつける成分もご紹介!

育毛剤には興味があるものの、使用に伴い体調不良が起こったり、あるいは副作用で逆に薄毛が進行したりするのではないかと不安を抱く人もいるかもしれません。確かに、中にはリスクを持つ育毛剤も存在しますので、完全に安全と言い切ることは難しいです。しかしながら一方では安全性に考慮して作られている物もあり、リスクなく使用することも可能です。大切なのはきちんと選ぶ姿勢を持つことで、選択を誤らなければそのような不安を感じることなく快適に使えるはずです。

 

育毛剤とは?

育毛剤の画像

 

育毛剤の主な目的は、今生えている髪を丈夫に育てること、その一点に尽きます。その目的に向かって、頭皮を清潔に保つ、血行を促進する、毛根に栄養を供給するなどの作用を発揮し、丈夫で抜けにくい髪を育むサポートをしてくれるのです。

似たようなアイテムとして発毛剤がありますが、生えている髪を育てることを目的にする育毛剤に対し、発毛剤は髪を生やすことを主たる目的にしています。両者は異なる特徴を持っていますので、どのようなヘアケアをしたいのかを踏まえて選択した方が良いでしょう。

 

 

育毛剤に副作用のリスクはあるの?

 

育毛剤のリスクについて知るために、まずは種類への理解を深めることが大切です。一口に育毛剤といっても医薬部外品と医薬品の2種類があり、両者でリスクが異なります。種類を踏まえて考えた場合、何らかのトラブルが起こる可能性が高いのは医薬品に分類される育毛剤です。

医薬品は強力な効果を持つのが大きな特徴ではあるものの、強い成分が含まれているゆえに何らかのトラブルが起こることがあります。逆に、医薬部外品の方は、育毛効果はマイルドではあるものの、リスクが低く安全性が高いです。

 

 

育毛剤の副作用にはどのようなものがある?

POINTの画像

 

主な副作用としては、かゆみや赤み、腫れなどの、頭皮に何らかの症状が出る場合が殆どと言えます。軽微な症状が多いため、重篤な状態になることは少なく、それらの確認ができた場合でも使用を止めると改善されることが多いです。ただし、強い成分を含む物ですと、頭痛や吐き気、めまいなどが起こることもあります。

そのような症状が出た場合は速やかに使用を中止すると共に、医師に相談をすることも必要です。

 

 

育毛剤に含まれる成分の中で副作用に気をつける必要がある成分

 

(1)ミノキシジル

 

医薬品に分類される成分の中でも、特に有名なのがミノキシジルです。血管を拡張する働きがあるのが特徴で、毛根の活動を効果的にサポートします。

発毛作用が認められている希少な成分でもあり、進行した薄毛の改善に役立つ可能性が高いです。しかし、強力な作用があるゆえにトラブルが起こるリスクもはらんでいます。例えば、低血圧や動悸、多毛症など、他の医薬品成分ではあまり見られない重い症状が発生することもあります。

健康状態によっては使用を控えなければいけないほどの強い働きを持っていますので、リスクを軽視して使用するのは注意が必要です。

 

(2)プロペシア

 

プロペシアはAGAによる薄毛を改善するための専門治療薬です。脱毛を抑制する働きがあり、優れた効果は臨床試験でも実証されています。特徴は内服をするタイプの薬なことです。

飲むだけで良いため手軽に続けていくことができます。しかしプロペシアも強力な作用を持ち、尚且つ内服をするということもあり使用上のリスクがあります。発生し得るのがEDや肝機能障害などの症状です。割合としては多くはないものの、リスクがあることを踏まえて使用しなければいけません。なお、プロペシアは副作用だけでなく後遺症のリスクも有します。

使用を止めても症状が残る可能性が報告されていますので、特に注意が必要な薬と言えます。

 

 

育毛剤の副作用として多いもの

女性の画像

 

(1)アレルギー症状によるかゆみや痛み、フケ

 

育毛剤の使用に伴い発生する可能性があるのが、アレルギー症状に伴うかゆみや痛み、フケなどです。このような症状が起こってしまうのは、頭皮が拒否反応を示すからです。

含まれる化学物質などは頭皮にとって本来は不要な成分ですので、付けた時にも頭皮を保護しようと拒絶します。するとアレルギー症状として諸々の不快感を生み出してしまうのです。

特に育毛剤は直接頭皮に使用する性質上、そうしたトラブルは起こりやすいです。繊細な環境を持つ頭皮に異物を付ければ、拒絶をされるのも自然の反応と言えます。

 

(2)初期脱毛

 

場合によっては初期脱毛という症状が起こる可能性も考えられます。これは育毛剤によって髪の成長が促進され、古い毛が新しい毛に押し上げられることで発生する脱毛のことです。

抜け毛が多くなるために焦ってしまうこともあるようですが、ただ初期脱毛は不安に感じる必要はないと言えます。髪が生えてくるサインでもあるため、これからの育毛に期待ができます。抜け毛の増加に驚いて止めてしまうと、せっかくの効果が失われますので、好転反応と捉えて継続していくことが大切です。

 

 

もし育毛剤で副作用が出たら?

 

軽微の症状なら一旦中止をして様子を見るのが良いでしょう。例えば、一時的なかゆみや赤みなどは比較的軽い症状ですが、単にその時の体調が影響して起こっていることもあります。

一旦止めてみて、再度トライする際には特に症状が発生しないというケースもあるため、様子を見ながら使用の可否を考えていくことが大切です。もしそれでも症状が起こる場合は合わない可能性があります。育毛剤は相性の問題もあるため、人によっては使えないことも考えられます。

動悸や頭痛などの重めの症状が出た場合、無理に使用せずに中止しましょう。しばらく休めばそれらの症状は消えていくはずです。ただ、症状が消えた場合でも、リスクが大きいために使用を控えるのが無難です。

 

副作用の可能性が低い育毛剤3選

 

①チャップアップ

チャップアップの画像
メーカー ソーシャルテック
価格/内容量 8,880円/120ml
商品特徴 3種類の有効成分が頭皮環境を正常に

チャップアップは、センブリエキスをはじめとした3種の有効成分を含む上、55種類の天然成分15種類のアミノ酸を配合しているのが大きな特徴です。いずれも選りすぐりの成分であり、豊富な育毛成分で多角的にアプローチをします。安全性にも拘り抜いて開発がされていますので、使用上のリスクもありません。髪と頭皮の負担になる成分が除外されていることで、デリケートな体質の人でも使用しやすいです。なお、永久返金保証が用意されているため、気軽にトライできるのも魅力と言えます。もし、効果を実感できない、頭皮に合わないなどの場合でも返金を受けられますので安心です。

 

髪に年齢を感じ、細くうねってつやがなくなってきたのと、抜け毛が増えて、薄くなってきたのが気になっていました。 これは、さらっとしたローションで、無香料、無添加で、刺激が全くないのが嬉しいです。 女性でも使いやすい、シンプルでおしゃれなパッケージも嬉しいです。 マッサージしやすい、指の通りのよさにびっくりしました。 マッサージの方法もパンフレットに書いてあるので、朝晩行っています。 変なにおいもしないので、お出かけの前にも使えます。 髪につやが出てきました。 抜け毛も少なくなりました。 頭頂部の痒みもなくなりました。 とても使いやすいローションなので、しばらく使っていきたいと思います。 男性にも使えるらしいので、薄くなってきた夫にもいいかも。

出典:@cosme

 

②マイナチュレ

マイナチュレの画像
メーカー レッドビジョン
商品特徴 人気の高い育毛剤

マイナチュレは女性向けに開発された育毛剤です。男性以上にデリケートな頭皮環境を持つ女性のため、安全に使える成分構成になっているのが特徴的です。配合成分としては、27種の天然成分及び10種のアミノ酸が含まれています。そして特筆すべきはミツイシ昆布という天然成分を配合していることで、これはミノキシジルと近い働きをする成分として知られているのです。優れた効果を持ちながらも使用に伴うリスクがなく、安全に育毛を促進することが可能です。確かな安全性や優れた効果は厚生労働省にも認められています。お墨付きなことで安心して使用でき、育毛剤選びに迷った際にもおすすめと言えるでしょう。

 

 

③BUBKAZERO

BUBKAZEROの画像
メーカー 株式会社T.Sコーポレーション
価格/内容量 5,980円(初回)/120ml
商品特徴 頭皮を高保湿

BUBUKAの特徴のひとつが、マジョラムエキスと呼ばれる成分を配合していることです。これは育毛に欠かせない17型コラーゲンをサポートするための成分で、髪の成長を促すシグナルを出やすくさせる効果に期待ができます。加えて、ミツイシ昆布から採れる有用成分や、センブリエキスなどのお馴染みの成分も含めています。AGA対策に使えるのも大きな特徴です。根本の原因になっている5αリダクターゼをブロックするための成分までも配合していますので、単なる育毛剤の枠に留まりません。男性特有の薄毛への対策も行えるため、AGAに悩む人にもおすすめと言えるでしょう。

 

 

副作用を未然に防ぐコツ

 

(1)使用上の注意をよく読む

 

まずは使用上の注意をしっかりと確認することが大切です。育毛剤の使い方はどれも共通していますので、説明書きなどをチェックしないで使われることもありますが、個々によって使用上の注意が定められています。注意すべき異常のサインなどについての説明もされているため、事前に目を通しておいた方が良いでしょう。

特に使用をしてはいけない人の特徴についてはよく確認することが大切です。強い成分が含まれている物ですと、健康上のリスクになり得ますので禁忌について触れられていることもあります。

 

(2)記載されている保存方法を守る

 

品質が劣化すると安全な育毛剤でもそうではなくなってしまう恐れがあります。成分が変質することで有害になる可能性もあるため、丁寧に管理する姿勢も求められます。基本的には直射日光を避ける、高温多湿の場所には置かない、使用後はキャップをきちんとしめるなどが大切です。

意外とこういった基本が守られておらず、育毛剤の品質を低下させていることもありますので、これから安全快適に使用するための基礎として注意していく必要があります。

 

(3)使用期限を守る


育毛剤はフレッシュな内に使い切ることが大切ですので、開封後は速やかに使用していくのが良いと言えます。もしも放置するなどして消費できない場合は使用期限にも注意が必要です。そのため、パッケージに記載されていないか確認してみると良いでしょう。

中には使用期限が記載されていない物もありますが、そうした育毛剤は概ね3年以内が期限となっています。それ以上の期間、放置していると品質が悪くなっている可能性がありますので注意が必要です。

 

 

副作用が出やすいか事前に知る方法

 

育毛剤との相性を事前にチェックしたい場合、パッチテストを行うのがおすすめと言えます。これは頭皮に付ける前に、肌に付けてトラブルが起こらないかを確認することを指します。やり方は簡単で、まず二の腕や太ももなどに育毛剤を少量付けます。その上から絆創膏を貼り、24時間放置するだけです。

放置後、特に問題がなければ安全に使えますが、もし赤みやかぶれなどが起こっている場合は相性が良くない証拠ですので、使用は控えた方が良いと言えます。

 

 

育毛剤は副作用も把握して使用しましょう


安全な育毛剤を選ぶことで副作用のリスクの不安なく使用することができます。しかし反対に安易な選び方をすることでリスクのある育毛剤でトラブルに見舞われてしまう可能性があります。

軽いとは言えない副作用を持つ育毛剤もある以上、慎重に選ぶ姿勢が求められるのです。ここで紹介したような製品は安全性が高いため、注目してみるのがおすすめです。返金保証が用意されている物もありますので、気軽に試すこともできます。数ある育毛剤ゆえに選ぶのも苦労するものですが、適切な選び方を身に着けて自分に合った物を見付け出しましょう。

※この記事の要旨は、人的な効果、効能または安全性を保証するものではありません。

※記事の内容から判断・行動する場合は行きつけの美容院や医師などの資格を保有する機関又は専門家にご相談を行い、ご自身の責任のもと実行してください。

※この記事の内容はこのサイトに訪れた読者の方に最も合目的だと判断したものを紹介しております。

※利用規約などはこちらをご覧ください

関連する記事

ヘアケアの身近な話題やトレンドをわかりやすく解説する
最新情報やお得な情報を発信中!

トレンドのヘアケア商品や友達に自慢できる豆知識、不定期の無料サンプル提供情報など、最新情報や役立つ情報をお届けします。

"hairy@公式"のLINE@はじめました!お得な情報をお届けしますので、
下記のリンクから友だち追加してみてください。

LINEで友達追加する
ヘアケアの身近な話題やトレンドをわかりやすく解説する
最新情報やお得な情報を発信中!

トレンドのヘアケア商品や友達に自慢できる豆知識、不定期の無料サンプル提供情報など、最新情報や役立つ情報をお届けします。

LINEで友達追加する